スペイン・バルセロナでのテロについての詳細【#4】

テロ, バルセロナ, スペイン
8/17 に起こったバルセロナでの テロ 事件についての情報をRTVEの記事を元にまとめています。google翻訳ではわかりにくい固有名詞などもなるべく分かりやすく翻訳してみたので、バルセロナ事情について知りたい人の役に立てば幸いです。

記事末に単語リスト+ブログの中の人(Jose Mari)のオーディオも載せているのでDELE対策に読みたい人はそちらもご活用くださいませ☆彡

全記事一覧

スペイン語の記事としては結構ながいものなのでここでは小分けにしています。

前後の記事内容を確認する場合はこちらからどうぞ↓↓↓

記事内容【#4】

青字単語の意味は記事末にのせています / 主部・述部が分かりやすいよう、修飾部は色を薄くしています。

※日本語訳へ飛びたい人は次の項目へ☆彡

原文はこちら:RTVE / 以下原文引用

El confinamiento se ha ‘levantado‘ en torno a las 23:00 horas, cuando se ha constatado que no había ningún terrorista oculto en la zona afectada.
Emergències Catalunya ha difundido un teléfono gratuito para atender a los familiares de las posibles víctimas del atentado: 900 400 012.
Asimismo, se ha habilitado un punto de apoyo a víctimas y familiares del atentado en la calle de Acuna de Barcelona, en el centro de urgencias sociales del ayuntamiento de la ciudad.
El Gobierno ha decretado tres días de luto oficial en todo el Estado, durante el cual las banderas españolas ondearán a media asta en todos los edificios oficiales y en todos los buques de la Armada.
El rey ha condenado el brutal ataque y ha dicho: “Son unos asesinos, unos criminales que no nos van a aterrorizar“.
Por su parte, el presidente del Gobierno, Mariano Rajoy, ha viajado a Barcelona para conocer de primera mano los datos del atentado y, en una declaración, ha apelado a la unidad institucional desde su convencimiento de que juntos se vencerá una vez más al terrorismo, a la vez que ha dejado claro que toda España se conmueve hoy con el mismo sentimiento que los barceloneses.
Doblegaremos a quienes intentan usar la violencia”, ha afirmado el presidente de la Generalitat, Carles Puigdemont, que también ha ofrecido una declaración institucional.
Escenas de pánico, zona acordonada y cierre de transportes.
En los alrededores de la Rambla y la plaza de Cataluña se han registrado escenas de pánico, con gente corriendo muy asustada.

 

記事日本語訳

閉鎖は23:00頃(被害のあった地区に隠れたテロリストがいないと確認された時点)に解除された。

カタルニア緊急対策部はテロの犠牲者家族の対応にあたるため、無料電話窓口の拡散を開始した。

同様に、バルセロナにある市役所(アクナ通り)の緊急対策本部ではテロ犠牲者とその家族に対するサポートの提供が開始された。

スペイン政府はスペイン全土において、3日間喪に服すことを公式に発表した。(その間、弔意を表すスペイン国旗がすべての公共の建物と軍船でたなびくことになるだろう。)

スペイン国王は残忍な攻撃を非難し、〝数人の人殺しや犯罪者が我々を脅かすことはない〟と発言した。

一方、スペイン大統領マリアノ・ラホイはテロの状況を直接的に知るためにバルセロナを訪れ、宣言の中で〝すべての地域が一丸となってもう一度テロリズムを打ち負かすことができるだろう、〟またそれと同時に〝今日バルセロナの人々と同じ気持ちでスペイン全土が心を痛めた〟と強く訴えた。

カタルニア政府の知事(カルロス・プチデモン)は〝暴力を使おうとする者たちを屈服させよう〟と正式な宣言として主張した。

パニックが起きた場所:交通機関が閉鎖され、包囲された地区

ランブラ通りとカタルニア広場の周辺では、恐怖で走る人々によるパニックの現場が記録された。

 

単語+オーディオ

  • confinamiento 閉鎖
  • levantado 解除された
  • difundir 拡散する
  • decretar 布告する
  • luto 喪
  • ondearán 波打つ
  • a media asta 弔意を示す旗
  • buques 船舶
  • condenar 非難する
  • asesino 人殺し
  • aterrorizar 怖がらせる
  • Por su parte 一方
  • apelar 訴える
  • convencimiento 確信
  • vencer 負かす
  • conmueve 心を痛める
  • doblegar 屈服させる
  • institucional 正式な

【この記事と一緒によく読まれる記事】

☆マガランディのブログへ☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です